診察の案内

 運動発達の遅れ、知的障害をはじめ様々な障害を持つ子どもの診断と障害度の評価を行い、小児科・リハビリテーション部門の総合的判断に基づいた治療プロトコールに従って治療を行い、運動機能と適応能力の向上を図ります。また、一般外来として小児科・内科疾患の診療を行います。X線撮影装置(レントゲン)、X線テレビ装置、超音波検査装置(エコー)、脳波計などの医療機器が整備されています。

  • 外来診察の様子
  • 医療機器

医療情報取得加算について

当院はオンライン資格確認について、以下の体制を整備しています。

  • オンライン資格確認を行う体制を有しています。

  • 当院を受診され、マイナ保険証による情報取得に同意された患者様に対し、受診歴、
    薬剤情報、特定健診情報その他の診療情報を取得・活用して診療を行っています。

小児科

小児科一般診療に加え、小児神経疾患・運動発達遅滞や知的障害・適応障害の診断と治療及びカウンセリングを行います。

内科

内科一般診療を行います。

診療受付時間

小児科・内科 午前9時~午前11時30分
午後2時~午後4時

《日曜・祝日は休診》

電話 TEL.0761-46-1306

処方せんの発行 及び 診療報酬明細書の発行について

一般名称加算について

当センターでは、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。現在、一部の医薬品について十分な供給が難しい状況が続いています。当センターでは、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした一般名処方(一般的な名称により処方箋を発行すること)を行う場合があります。一般名処方によって特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者さんに必要な医薬品が提供しやすくなります。一般名処方について、ご不明な点などがありましたら当センター職員までご相談ください。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

※一般名処方とはお薬の「商品名」ではなく、「有効成分」を処方せんに記載することです。そうすることで供給不足のお薬であっても有効成分が同じ複数のお薬が選択でき、患者様に必要なお薬が提供しやすくなります。

個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書の発行について

当院では、医療の透明化や患者様への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しています。また、公費負担医療の受給者で医療費の自己負担のない方についても、明細書を無料で発行いたします。なお、明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されるものですので、その点ご理解いただき、ご家族の方等の代理の方への発行も含めて、明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨お申し出ください。

上へ戻る